俺って言うほどマニアか?

何でも書きますね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ばに☆すた

我らが大正義軍が、またしても外国人投手を獲得しましたね。

ロイヤルズで先発ローテを任されていたブライアン・バニスター。
彼の父フロイド・バニスターもヤクルトでプレーしていたそうで、コメントを読む限りブライアンも日本に居たみたい。

昨シーズンは一年ローテで投げて防御率6点台というどっかの(`o´)みたいな成績だけれど、MLBで数年にわたりローテを任されていたことには変わりなし!
年俸1.5億(?)と高額であることからも球団は最低でもフタ桁勝利を期待しているだろうし、肩の状態は不安だけどまず開幕一軍は間違いないだろうね。

というわけで、現在支配下登録されている外国人投手を整理してみる。

●ブライアン・バニスター
●ジョナサン・アルバラデホ
●カルロス・トーレス
●ディッキー・ゴンザレス
●セス・グライシンガー
●レビ・ロメロ
●ファン・ツーロン
●リン・イーハウ

育成にもリ・イーフォンとアダム・ブライトがいるから、総勢10人もの外国人投手が巨人に所属しているわけだ。
すごいね。

で、自分なりに現時点での序列的なもんを考えてみた。

※開幕一軍有力
バニスター、アルバラデホ
※調子次第で定着か?
トーレス、ゴンザレス、ロメロ、ツーロン
※今年は厳しい
グラシン、イーハウ

上二人に関しては、もし両方とも外れたら今後自前の外国人を獲るのはやめた方がいいとすら思うw
次の四人も基本的には厳しい立場だけど、チームが求めているのは先発として働ける選手なわけで、その点ではトーレスが一番一軍に近いんじゃないかな。

で、最後の二人。

グラシンは、個人的に球団は保険の保険程度のつもりで残したと思ってるし、超大減俸をあっさり受け入れたあたり、本人も一年日本でやって引退する位の考えはあるんじゃないかと思う。
彼には学があるし、それほど現役に執着しないのではないかと。

イーハウに関しては、一軍での登板機会が皆無と予想されることや一軍戦力としては現時点の実力に疑問符が付くことから、育成契約に戻すべきではないかと思う。
幸いイーハウは20歳と若いし潜在能力はかなり高いと思うから、本人の成長と状況の変化があれば何年後かに大ブレイクしてくれると期待してる。

それにしても、これだけの数がいると下で実戦経験を積ませるのも大変だろうなと思うw
清武さんのことだからその辺の対策は考えてるだろうけど、イースタンが外国人投手の調整のためだけの舞台にならないよう願いたいね。


長くなったけど今回はこの辺で…ではでは。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/08(土) 23:03:58|
  2. 野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2010年の越智大祐 動画編 その3 | ホーム | きょうの おなずり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ochimania.blog103.fc2.com/tb.php/12-bc4b9dcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おちまに

Author:おちまに
貸借主忘却の法則は絶対ある
これ宇宙の真理ね!

検索フォーム

最新記事

最新コメント

twitter

カテゴリ

未分類 (2)
オーナーズリーグ (6)
野球 (12)
日記 (5)
ゲーム (0)
観戦記 (1)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。